2019年02月11日

農家のプレゼンテーション

ちょうど、明日は沢山の農家仲間がプレゼン披露をし合う日なので、
自分なりの仲間のチェックポイントと、
自分自身が道を外さないように(笑)少し整理してみます。


農家になると、プレゼンの機会は数パターン。

1. 様々な寄り合いやコミュニティ内での発表

2. 銀行や行政への事業計画に関する説明

3. 取引先へ、我々の取組と商品の説明

4. 組織内の統制、目標の統一

5. ステークホルダーへの事業計画の説明

こんなところでしょうか。
よくよく見直せば、これは農家であろうと無かろうと大体一緒。

だから、プレゼンの基本的なスキルは身に付けておきたいですよね。

ところで、
プレゼンで大切な事は?



答えは人によって様々パターンあるでしょう。

私なりの答えは、

「定められた(許された)時間の中で、如何に端的に、聴き手が興味を持つ情報を提供できるか?」

だと思ってます。
以前書いたAIDMAの法則でいうと、注意と関心段階。

そりゃそうです。

大抵の場合、聴き手は我々の事を知らない事の方が多い。
とすれば、その場で全てを理解して貰うのは、不可能であり、聴き手もそんなつもりでは居ない。

つまり、

掴みはオッケー、後は今後に繋がる足跡を足跡

特に短時間のプレゼンは、これで充分。
多くを求める(提供し過ぎる)と、
本当に大事な事が伝わらなくなるので、
「限られた(許された)時間」の意識はとても大事です。




さて、話は最初に戻って、
農家さんのプレゼンの傾向。

- 沢山喋る
- 技術的な情報、専門用語を詰め込む
- 「自分大変なんです!」アピールする
- 資料作り慣れてない
- その割にテクニカルな事をしたがる
- 時間無視
- プランB、途中の調整シロの想定がない


これも、結局農家云々関係なく、
大体プレゼンし慣れてない人の傾向ですね(笑)


私も最初の頃は、よーくミスってました。
聴き手への意識が無いとこうなるんですよね。

幸い、私は前職で、とても多くのトレーニング機会を頂き、
私なりの対策やスタンスが出来てますので、
ノウハウの共有の意味でも整理してみます。
大勢の前で発表を想定ですね。

資料編
- 資料は出来ればA4 1枚がベスト
- Power Point等で作る時は1分1枚目安
これより多い時は1枚ごとの内容説明はしない
- 動画やアニメーションは使わない
- 相手は非MS、PDFや紙閲覧を想定する。
- 色文字も使い過ぎない
- ヘッダ、フッタ、ロゴ、インデントの統一
- ページ数振るのは必須

発表編
- 話の間(ま)と視線
- 笑顔
- 第一声は、意識的に大きく、短く
- 早口にならない
- 書いてある事を読む
- ポインターは読んでいる所を「静止」で指す
- 時間が足らなくなる事を想定しておく
 (飛ばす、端折る所を決めておく)
- 手控え原稿は極力読まず頭に入れておく
- 説明は聴き手が見ている画面を意識する
- 左上からZ型で視線を誘導する
- ちょいちょい意識的に笑顔、口角を上げる
- お辞儀したら間を取る(止まる)

こんな所でしょうか。

とはいえ、私は極度にあがり症なので、こんな事書いても、いつもドギマギしてますが笑あせあせ(飛び散る汗)

まだまだ沢山あると思いますが、私なりのポイントです。
いつか、誰かの役に立つ情報になるといいなぁと思います。
posted by 森の香 at 22:58| Comment(0) | 農家メモ

2019年02月10日

CAINZみっかるマーケットvol3

2度目の参加になりました「CAINZみっかるマーケット」

今回は、なんと初日1F入り口すぐ脇という大役を仰せつかり(恐縮です)
極寒&大雪予報も大事に至らず、無事やりきりました!

ご来場いただいた皆さんありがとうございました!

自社内の備忘録も兼ねて、今回のレポートとまとめをしてみます。

IMG_4626.JPG

今回は、できるだけ試飲をきっかけに、色々楽しくお話させていただこうと、
入り口側目立つところに試飲ポットを配置。

販売者のチャレンジとして、今回は「売らない、おしゃべりする」を
テーマとしました。これは天候的な要因もあり、お客様との対話を重視し
多くの声を聴けたらどうか?という観点と「真面目すぎて引くわ〜」の
解消を狙ったイメージです。

結果は、、、まだまだ改善の余地ありですね(汗)
VMDというか、、、「興味」のステージでインパクト不足を実感しました。
もっと広く試飲を手にとっていただきたかったというのが本音です。

しかしながら、対面の販売の心持ち(売らない)は比較的成功と考えます。
試飲を手にとっていただけたお客様とは、以前よりも密に&近くで、
コミュニケーションが取れたのではないかと感じました。

日々勉強です。


IMG_4627.JPG

今回、ハーブティ(パック、ボトル)はアイテム数増やして1品ごとの在庫数を
やや少なめにした配置にトライ。これはお客様にも好評で功を奏しました。
が、在庫5個で突入したアイテムはややボリューム不足でした(汗)

また、ボトルタイプのハーブティは、見せ方・ご案内の仕方に改善が必要な
反面、お試しの1包スタイルは伸び代を感じました。
ブラッシュアップして再チャレンジです。


加えて今回より導入した、キャッシュレス決済(クレジット&QR)については、
利用1件。初回だしこんなもんでしょうか。しかし!明らかにプラス1品効果あり、
引き続き推奨していきたいですね。


IMG_4628.JPG

ピクルスゾーンは試食4アイテムでやや控えめ陳列。
結果的には、これまた不思議なんですが、都内より遥かにピクルスが売れる。
「ビン」「パック」の比率に差が出るなら、都内は重いのいやだから。。。
と説明がつくのですが、総じて売上の構成比が高くなる不思議。
群馬の方が、自宅で酢漬けつくると思うんですけどねぇ。

ヴィジュアルの問題なのか、値ごろ感の問題なのか。
嬉しいありがたさには変わりないのですが、
次回都内イベント前には、十分な検証と次の仮説を準備したいと思います。

ピクルスの中での売れ筋は「きゅうり&大根」の「子供と一緒に食べるピクルス(秋)」
しっかりと漬かっているのが好評です。

ピクルスも、ハーブティ同様、少量多品目でのチャレンジ。天候もあって物量は妥当。
もう少しパックの在庫・ボリューム感があっても良かったのか。は次回の改善点です。



また、前回のぐんまちゃん家同様、

「これなら食べられる!」という子が何人かいて嬉しかったなぁ〜

という感想とともに、親御さんが、

「この子は酸っぱいの食べないから。ほら食べないんだから、触るのやめなさい」

と子供がチャレンジする前にストップ掛けている様は、少し複雑な心境です。
是非、一緒に、チャレンジを応援していただきたいなぁ〜と感じるわけです。



最後に、

思い返せば伊勢崎エリアでは今回で3回目、前橋南部エリアを含めると5度目のイベントとなり、
だいぶ常連さん、遊びに来てくれる顔見知りさん、気にして声をかけてくださるお客様や、
イベントごとに顔を合わせる出品者さんが増えてきて、本当に感謝感激しています。
こうやって「ホーム」感は作られていくのですね。

本当に心強いところです。
またアウェイで自社の総合力を鍛えつつ、次回のホームも頑張りたいと思います!
posted by 森の香 at 23:24| Comment(0) | イベント

2019年02月07日

クレジット決済 導入しました。

クレジット決済、
今週末から使えるようにします。
Air PAYです。
0BF327F3-9798-4BC4-A464-38834716276E.png

上手く使えるかドキドキですね光るハート

因みに、LINEペイにも対応出来たみたい。
ダメだったのはSuica系(イベント出店はNG)と、iD(審査に落ちたあせあせ(飛び散る汗))です。

クレジットカードは、VISA/MASTERはもちろん、本日JCB/アメックス他も決定になりました。
CFは悪くなりますが、単価向上に期待してます!

暫く様子見&情報共有したいので、
時々アップデートしますね。
posted by 森の香 at 21:49| Comment(0) | イベント