2019年02月10日

CAINZみっかるマーケットvol3

2度目の参加になりました「CAINZみっかるマーケット」

今回は、なんと初日1F入り口すぐ脇という大役を仰せつかり(恐縮です)
極寒&大雪予報も大事に至らず、無事やりきりました!

ご来場いただいた皆さんありがとうございました!

自社内の備忘録も兼ねて、今回のレポートとまとめをしてみます。

IMG_4626.JPG

今回は、できるだけ試飲をきっかけに、色々楽しくお話させていただこうと、
入り口側目立つところに試飲ポットを配置。

販売者のチャレンジとして、今回は「売らない、おしゃべりする」を
テーマとしました。これは天候的な要因もあり、お客様との対話を重視し
多くの声を聴けたらどうか?という観点と「真面目すぎて引くわ〜」の
解消を狙ったイメージです。

結果は、、、まだまだ改善の余地ありですね(汗)
VMDというか、、、「興味」のステージでインパクト不足を実感しました。
もっと広く試飲を手にとっていただきたかったというのが本音です。

しかしながら、対面の販売の心持ち(売らない)は比較的成功と考えます。
試飲を手にとっていただけたお客様とは、以前よりも密に&近くで、
コミュニケーションが取れたのではないかと感じました。

日々勉強です。


IMG_4627.JPG

今回、ハーブティ(パック、ボトル)はアイテム数増やして1品ごとの在庫数を
やや少なめにした配置にトライ。これはお客様にも好評で功を奏しました。
が、在庫5個で突入したアイテムはややボリューム不足でした(汗)

また、ボトルタイプのハーブティは、見せ方・ご案内の仕方に改善が必要な
反面、お試しの1包スタイルは伸び代を感じました。
ブラッシュアップして再チャレンジです。


加えて今回より導入した、キャッシュレス決済(クレジット&QR)については、
利用1件。初回だしこんなもんでしょうか。しかし!明らかにプラス1品効果あり、
引き続き推奨していきたいですね。


IMG_4628.JPG

ピクルスゾーンは試食4アイテムでやや控えめ陳列。
結果的には、これまた不思議なんですが、都内より遥かにピクルスが売れる。
「ビン」「パック」の比率に差が出るなら、都内は重いのいやだから。。。
と説明がつくのですが、総じて売上の構成比が高くなる不思議。
群馬の方が、自宅で酢漬けつくると思うんですけどねぇ。

ヴィジュアルの問題なのか、値ごろ感の問題なのか。
嬉しいありがたさには変わりないのですが、
次回都内イベント前には、十分な検証と次の仮説を準備したいと思います。

ピクルスの中での売れ筋は「きゅうり&大根」の「子供と一緒に食べるピクルス(秋)」
しっかりと漬かっているのが好評です。

ピクルスも、ハーブティ同様、少量多品目でのチャレンジ。天候もあって物量は妥当。
もう少しパックの在庫・ボリューム感があっても良かったのか。は次回の改善点です。



また、前回のぐんまちゃん家同様、

「これなら食べられる!」という子が何人かいて嬉しかったなぁ〜

という感想とともに、親御さんが、

「この子は酸っぱいの食べないから。ほら食べないんだから、触るのやめなさい」

と子供がチャレンジする前にストップ掛けている様は、少し複雑な心境です。
是非、一緒に、チャレンジを応援していただきたいなぁ〜と感じるわけです。



最後に、

思い返せば伊勢崎エリアでは今回で3回目、前橋南部エリアを含めると5度目のイベントとなり、
だいぶ常連さん、遊びに来てくれる顔見知りさん、気にして声をかけてくださるお客様や、
イベントごとに顔を合わせる出品者さんが増えてきて、本当に感謝感激しています。
こうやって「ホーム」感は作られていくのですね。

本当に心強いところです。
またアウェイで自社の総合力を鍛えつつ、次回のホームも頑張りたいと思います!
posted by 森の香 at 23:24| Comment(0) | イベント